目覚まし時計を購入する時はどういう物が良いのか


今の時代の目覚まし時計は本当にいろんな物がありますが、今でも目覚まし時計は昔からある普通の目覚まし時計を使っているという人が多いと思います。ですが、そういう人も同じ目覚まし時計を使うならもっと良い目覚まし時計を使う事をおすすめします。

では、実際にどういう目覚まし時計を使えば良いのかというとそれには光の目覚まし時計がおすすめです。それもただ設定した時間に起こしてくれるだけの物でなく設定した時間付近で最も起こされて不快に感じないタイミングで起こしてくれる光目覚まし時計がおすすめです。

それで光の眩しさで朝目覚ましで起きても気持ちよく目覚める事が可能になります。というのも寝ている時もいろんなタイミングがあって眠りが深い段階で起こされる時ほど体は不快に感じるからです。

そして、光目覚まし時計で体の覚醒状態が分かる物を身に着ける事で起こされても不快に感じないタイミングで起こしてくれるので目覚まし時計を使うなら光によるアラームの目覚まし時計がおすすめです。それで多くの人は朝目覚ましで起こされても気分を害する事なく起きる事が可能になります。

例えばこちらのサイトで自分似合ったものを探してみると良いでしょう。
光目覚まし時計おすすめ比較サイト | 朝起きれないを解消した方法(http://www.lopburifc.com

私のお勧めはintiという光目覚まし時計です。確かにこの目覚まし時計の性質上起きないといけない時間ぴったりに起きるのは難しいですが、設定した時間に近い時間で体が覚醒状態になっている時期を見て起こしてくれます。

それで不快なタイミングで起こされる事もなるのでかなりおすすめです。少なくとも普通の目覚まし時計で起こされるよりはずっと良いです。

目覚まし時計はデザインや性能を比較しながら選ぶ

目覚まし時計は朝特定の時間に起きるためには役立つ物ですけど、購入する時にはデザインや性能を中心に比較しながら選ぶのがお勧めです。

目覚まし時計ならどれでも大丈夫というのではなくて、目覚まし時計もデザインが豊富にありしかも音の種類も時計によって違いますから少しでも便利に利用できるものを選ぶ方があなたの役に立ちます。まずデザインですけど、自分が好きな色を選ぶ事が大事であり、しかも部屋のデザインに合っているものですと違和感なく使用する事ができます。自分が好きでない色やデザインですと違和感を感じる事があり、どうしてもその目覚まし時計が気になってしまう事もあります。特に物を購入する時にデザイン重視で選ぶ人は、目覚まし時計においてもデザインをある程度意識しながら選ぶ事方が良いです。

次に性能ですけど、自分がしっかりと起きる事ができるお知らせ音が出る目覚まし時計を購入します。ただの効果音ではなくて、音楽の方が起きやすい人は音楽が流れる目覚まし時計がお勧めですし、聴力が少し悪い人は、なるべく音が大きい目覚まし時計を購入します。

一番の目的は自分が特定の時間にしっかり起きる事ですから自分が起きやすい音がでる目覚まし時計を購入します。店舗で購入する時には、もし実際に音を鳴らす事ができるのであれば一度音を鳴らしてどのような目覚まし音なのかを確認します。

このように、デザインと性能があなたが満足できるものですと、あなたの生活において便利なものになります。

不眠に悩んでいたら、まずは眠れるという自信をつけてみるのが大事

夜に仕事をするパートナーがいたとき、深夜の休憩時間にメールをしたらすごく喜んでくれたことがあった。

それがこちらもうれしくて、深夜の休憩時間に目覚ましを合わせて眠るようになり、一度起きて、メールをして、また朝まで寝るという生活を続けていたら、もう目覚まし入らずで夜中に一度起きる癖がついてしまった。

パートナーが変わった今もそのまま。

それで寝不足になったりはしないけれど、起きることで昔のパートナーを思い出すので朝までスッキリ寝てみたいと思うようになった。

そこで、安眠のためのいろいろなことを試した。

ネットで調べられる程度で、とくに特別なものを必要としないものを試していたけれど、それでは全く高価がなかった。

1年ほどの深夜目覚ましが何年も引きずるとは思っていなかったので、これは本格的に乗り出したほうがいいのかもしれないと思い始めた。

もともと昼寝の習慣がなかったけれど、まずは続けて寝るということができるのかを試すべく、夜を徹夜で楽しんだ後、昼間に眠ってみた。

前日の活動時間の長さもあってかすっきり7時間睡眠。

あ、なんだ、継続して眠れるじゃん、と思えたことが良かったのかもしれない。

昼間しっかり活動することを心がけたら(通勤の一部を徒歩に変えて運動量を増やしたりもした)、数日に一度は深夜に目覚めないようになった。

うまく眠れないという友人に、眠れるんだ!と思えることって結構大事だよ、時間帯を代えて眠れそうなときに眠ってみたり、活動時間を引き伸ばして体が眠りを欲するぐらいに持っていってみては、と話すようになり、自分と同じように成功した人もいる。

眠れないときは眠らなくてもいい。体が眠りを欲する状態に持っていってみる。睡眠がうまくいかないことはストレスにしないほうがいい。うまく眠れないのはは気持ちの問題が結構大きいと感じている。目覚まし時計を使うことでかえってそれがプレッシャーになることもある。

快適な睡眠を手に入れるために様々な工夫をしてみました

私は長年工場勤務をしており昼勤と夜勤を1週間交代でしていた為、睡眠時間の調整がうまくできず悩まされていました。目覚まし時計を使っても起きれないことも。

夜更かししてしまって睡眠時間が足りない時もしばしばありましたが、それ以上に質の良い睡眠を取る事ができずに夜中に目が覚めてしまってそのまま眠れなくなったり、浅い眠りにしかつけず疲れが残ったまま仕事に向かう事が多々ありました。

どうにかして睡眠を改善しなくてはと思い、ネットや知り合いから様々な情報を集めて実践しました。

基本的な事として、生活のリズムをできるだけ一定に保つ為眠くなくても布団に入る時間を毎日同じにする事、寝ている間に消化にエネルギーを使うと体の疲れが取れにくい為就寝の2時間前からは何も食べない事、目や脳に刺激を与えると睡眠の妨げになるので就寝前30分はテレビやスマホを見ないでゆっくり過ごす事を実践しました。

夜勤の時は昼間に眠らなくてはならないので、カーテンの隙間を埋めて部屋を真っ暗にして眩しさで目が覚めないように工夫しました。

更に、体の疲れを少しでも癒す為に風呂上りに軽いストレッチを行い、寝る時はヒーリングミュージックを流し脳を眠りへと誘いました。

睡眠の質を上げる為には枕や布団、部屋の温度なども大切でした。

今までのせんべい布団を卒業し新しいフカフカの布団に買い替え、枕は色々な高さで試した結果バスタオルを畳んだくらいが私には丁度いいと感じました。

部屋の温度も常に24度で設定し、寝ている間に暑さでストレスを感じる事もなくなりました。

様々な対策を実践し私はぐっすり眠れるようになり、今は夜中に目が覚める事も夢を見すぎて疲れが残るという事もなくなりました。

目覚まし時計なしで目覚めますが時間が問題です

私は睡眠障害なので、病院からお薬を処方してもらっていて、そのお薬を飲んでから眠るようにしていますが、その日のコンディションによって、寝付きが良い時と悪い時があります。お薬の量は同じなのに、眠くなる時となかなか眠くならない時があるのです。早くお薬を飲めば早めに眠りますが、遅く飲むと遅くまで起きていることができます。

それで、私は目覚まし時計をかけないで眠ることにしています。

眠っていたら夜中に目が覚めて、また眠りに戻ることができないことがあるのです。そんな時には起きてテレビを見ることにしています。夜中の1時や2時に目が覚めることが多くて、追加でお薬を飲むという方法もあるのですが、そうなると体にかかる負担が大きくなるので、無理に眠ろうとせずに、起きておくことにしています。

明け方になって眠くなることもありますが、たいていの場合、そのまま起きています。睡眠不足でかなり辛いものがありますが、そこは仕方がないと諦めていますが、体は疲れているのに、脳が覚醒していて、なかなか眠れないのはとてもつらいです。

最近、枕を変えたら、割とよく眠れるようになって、やっぱり枕はとても大事なものだな、と思っています。頭を包み込むような感じの枕で、低めでふわふわしています。寝具一つとっても、安眠できるかどうかの差を見せつけられるので、寝具はとても大事な要素だと思いますし、枕一つで眠れたり眠れなかったりするので、非常にデリケートです。

低血圧で朝目が覚めない悩みとその解決とは

小さいときから低血圧で朝が本当につらいです。学生の頃は私の気合が足りないのかと思っていましたが、起立性低血圧とお医者さんに言われたこともあって、なんだかほっとしました。血の巡りのせいで、気合不足ではなかったんだなと。

おもな症状は朝、頭がボーッとして起きられない・朝は食べ物を見ただけで気持ち悪い・急に立ち上がると立ちくらみがするといった感じです。

私の朝は毎日、戦いです。起きるまでにだいぶ時間がかかります。目覚ましを何度もかかるようにセットして頑張っているんですが、頭がボーッとして体が動きません。急に立つとめまいまでするので、何回か目覚ましを聞きながら少しずつ体と頭を起こしていくという感じです。

寒い時期は朝にエアコンがかかるようにタイマーをセットしています。朝起きるのが少しでも楽になるように私なりに工夫した結果、少し効果があるように思います。

朝ご飯を食べるほどの元気はありませんが、紅茶などカフェインを摂るようにしています。少しですが頭がすっきりする気がします。とりあえず、体がだるくて朝の用意に時間を取られるので、かなり早めに起きて支度をしています。通勤には出来るだけ早歩きを心がけます。体を動かさないと頭がシャキッとしない気がするからです。酷いときは午前中、ほとんど仕事になりません。